保育園の運動会の思い出

保育園の時の今でも忘れられない嬉しかった思い出です。その保育士を大和高田で採用するといえば保育園の頃の私は運動会本番でも親が見に来ていると運動会の最中とは思えない行動に出てしまう子でした。それは自分が運動会で走っている最中でも応援席に自分の親を見つけると手を振って笑いかけてしまうというものです。今思うと微笑ましいことですが、これが順番を決めるリレーの時でも全く同じだったので他の子や保護者からはけっこうなブイーング状態で。私自身はそれに気がつかず、気がついたのは自分の親と保育園の先生でした。あんなに話題の保育園が奈良では珍して先生は内心毎回「これではまずい」と感じていたらしく、翌年の運動会から何と比較的若くて身が軽そうな保母さんが私と一緒に走ってくれる事態に。これはもちろん私だけで、保母さんは私の手を引いて走ってくれました。私の利き手である右手を繋いでくれていたのは、私が親に手を振ってしまうというのを分かっていたからだと思います。保母さんのおかげで私はいつものように運動会を脱線することなく、よそ見はしたものの他の子と同様なくらいの速さで走りきることができたのです。私は他の子がしない問題行為をしていたにもかかわらず、特別に保母さんが一緒に走ってくれるという特典的なものを感じられて嬉しかったことを覚えています(笑)。結局これは保育園を卒業するまで続きました。

RELATED POST

審美歯科の進化が患者の意識に与える変化

審美歯科の分野は、技術革新だけでなく、患…

子供の就寝前ルーティンに取り入れたい夜の歯磨き

就寝前の歯磨きは、子どもの口腔衛生にとっ…

口臭と心臓病を解明

口臭が心臓病と関連している可能性が近年の…

緊急時における歯のケアと向き合う方法

歯の痛みは突然訪れる。そんな時、私たちは…