信頼できる医師の条件!的確な判断と丁寧な説明

10年ほど前から癌を患い再発を含め3回の手術を受けました。
一度目の告知の時から同じ医師に診てもらっています。
私の持っているものは癌の中でも穏やかな部類とされていますが、それでも30代で癌にかかるとは思っていなかったので、告知された瞬間動揺を隠しきれませんでした。
そんな私に、主治医は「治る見込みがあるからこそ、ここではっきり告知するのです」と云われたことを思い出します。
告知のショックで思考が止まったような状態でしたが、不思議なことにこの医師の云う通り正しい手順を踏みさえすれば、私の身体の中の問題を克服することができるのだ!という確信が生まれました。
外科的手術が必要だったのですが、複雑な部位に腫瘍があるため様々なリスクが予測されます。主治医は何度も時間をかけて1つ1つ丁寧に私に説明してくれ、落ち着いた気持ちで手術に臨むことができました。
主治医の長時間にわたる奮闘のおかげで、手術は無事成功し心配された後遺症もありません。
その後も再発の恐れがあるため放射線治療を勧められていますが、私の気持ちを尊重しその治療はまだ行わないままとどめてくれています。
主治医はいつも穏やかな笑顔でじっくり話をきいてくれるので、半年に一度の通院が密かな楽しみにもなっています。
インフォームドコンセントという言葉がありますが、患者に合わせた丁寧な説明ができ、さらに患者の気持ちの揺らぎをしっかり受け止めてくれる医師は意外と見つかりにくいのではないでしょうか?