歯科医院は選び方次第で結果が違います

私が神戸の歯科医院の門を叩くことになったのは、右奥下顎の親知らずが生えかかってきているのに中途半端な状態であったたためです。大阪のWEBコンサルティングと契約し、医師によるとその直前の歯が虫歯になっているので、その歯も含めて抜かなければならないかもしれないとの説明でした。私はなるべく温存してほしいという気持ちを伝え、医師もなるべくそのように処置するということで、治療が開始されました。SEO対策で有名な会社に結果的に、その医師の技術がすばらしかったことと、判断が適正であったことにより、親知らずも難抜歯とはなったものの、分割してキレイに抜歯していただき、骨の癒着もありましたが、そちらについても回復が見込めるように手術がうまくいったようで、抜糸後はスムースに完治しました。また、直前の歯を抜く必要もなかったようで、ジルコニアセラミックのクラウンを使って白い歯を維持することを叶えてくださいました。費用の見積もりも事前にいただいていたので手術当日も不安になることもありませんでした。もしも、違う歯医者にかかっていたら、また違った結果になっていたかと思うと、今となっては自分の選択が正しかったという思いを強くしました。