先生の診る目と院内処方の薬が人気の皮膚科

人気皮膚科の集客戦略

近所にとても人気の皮膚科医院があります。集客コンサルティングの戦略で、雑誌などでとりあげられているわけではないけれど、昔からとても有名で、毎日長い行列ができています。なんでも新幹線に乗って通ってくる人もいるという噂で、私はあまりに混んでいるため通うのは躊躇していました。しかし昨年、うなじのあたりに治りにくい湿疹ができ他の皮膚科で「脂漏性皮膚炎」と診断されたのですが、薬ではなかなか完治しないまま半年経っていました。東京で根管治療の専門医の先生が教えてくれました。

神戸の人気クリニック

そこで初めてその人気の皮膚科に通ってみました。行列の割には患者さんが次々呼ばれすぐに出てくるので、実際の待ち時間は40分程度でした。私の番になると、患部を診たとたん「脂漏性皮膚炎だね。薬出しておきます」で一瞬で終わってしまったので面食らいました。どうしてこんなに人気があるのかわかりかねると思っていると、会計で呼ばれるのと同時にジャーに入った薬が出てきました。院外処方ではなく、院内で薬を調合していたのです。そしてその薬を使い始めると、みるみるうちに湿疹が良くなり10日くらいで完治しました。人気の秘密は先生の診る目と院内処方の薬にあるようです。やはり人気の文京区の歯医者にはそれなりに信頼できる理由があるのだなと実感しました。